学部別の先輩の時間割

全学部の団員がそろっているのは、オール早稲田であるワセオケのいいところのひとつ!
各学部の団員の時間割を公開しちゃいます!
ぜひ自分と同じ学部の団員がどんな毎日を送っているかチェックしてみてくださいね。

学部選択:

政治経済学部 (大竹 弘太郎 / ファゴット 2年)

政治経済学部は、学科を問わず1年生のうちは政治学と経済学の基礎をまんべんなく学びます。そのため、1年生の時間割は約9割が必修で、5限にも授業が入ることがあります。なかには、5限がある日はリハに遅刻してしまうのではないかと心配している人もいるかもしれませんが、安心してください!先輩方は温かく迎えてくださいます!私は空き時間を有効活用してバイトや練習をしています!皆さんも一緒にサークルも学業も両方完璧にこなせる大学生になりましょう。

法学部 (毛利 美玲 / フルート 2年)

法学部は、法律科目はもちろん、語学や幅広い一般教養科目も勉強できる学部です。週に3日あるサークルの活動と勉強を両立するために、私は空きコマや授業後の時間を使って課題や練習をし、時間を有効活用するように心掛けていました。試験期間は確かに大変ですが、友人同士で助け合えば乗り切れます。サークルの活動がない日にはバイトを入れたり、遊びに行ったりもして、学生生活を楽しんでいます。

社会科学部 (吉田 咲希 / クラリネット 2年)

社会科学部は必修も選択授業のためとても時間割を組みやすいです。また、オンデマンドの授業を取ることで授業数を少なくすることも可能です。私は、ワセオケがある日になるべく授業を入れ、活動のない木曜日を全休にしました。練習は授業後、リハ前にすることが多いです。週3回のリハを多いかなと感じる方もいるかも知れませんが、工夫次第で時間はたくさん作り出せると思います。

商学部 (小田原 有我 / チェロ 2年)

商学部の時間割は、基本的に1年生の間は自動登録される必修の授業+選択科目という形になります。私の場合は春に必修がたくさん登録されていたため、秋は時間割にかなりゆとりがあり、多くの時間を色々なことに費やせました。例えばリハがない日には、チェロの練習やレッスンにじっくり取り組んだり、友達と遊んだり、課題を終わらせたりなどしていました。このように、とにかく時間に融通が効くのが商学部最大の強みです。時間を有効活用し、充実した大学生活を送りましょう!

教育学部 (富井 千晶 / トロンボーン 2年)

教育学部には、様々な学科・専修がありますが、私の所属する学科は必修が比較的少ないことと、私自身教職を取っていないこともあり、教育学部のみならず、他学部など興味のある分野の授業も多く取ることができました。なるべく空きコマを作りたくなかったので、必修が入っている時限の前後に授業を固めるようにしていました。バイトは基本的にワセオケの活動日に入れることで、他の日を友達と遊んだり、自主練したりと自由に使うことができました。

国際教養学部 (沖野秀悦 / ヴァイオリン 2年)

国際教養学部は、学ぶ分野が多岐に渡るため、必修のライティング以外は基本的に全て自分で組みます。そのため初めての科目登録は知らないことばかりで大変でしたが、先輩方からオススメの授業やセミナー、また絶対に取ってはいけない科目など色々な助言をいただきました。私は1限の時間に自宅で練習し、空きコマで課題などをやることで学業との両立を図りました。課外活動としては、金曜日に大学近くの小学校で学習支援員としてボランティア活動を行い、6限には先輩に個人練習をつけてもらっていました。また、私の気になっていた留学についての相談も先輩方は真摯に相談に乗ってくれます!国教はとりあえず春学期を乗り切れば勝ちです。頑張りましょう!

文学部 (鈴木 りょう愛 / オーボエ 2年)

文学部は必修授業こそ少ないですが、私自身教職など資格関連の授業をとっているためこのように授業数が若干多くなっております。空いた時間には自主練や趣味の読書、旅行、博物館巡り、観劇などをしています。ワセオケに所属しながらでも、気になる授業を入れてみたり、趣味に打ち込んだり、たくさんバイトをすることが可能です。

文化構想学部 (光 唯沙 / ホルン 2年)

文化構想学部は必修が少ないので時間割を比較的自由に組むことができます。そのため、午後から授業を入れて朝からバイトをしたりするなど、空き時間を有効活用することができます。また、戸山キャンパス内に練習場所の学生会館があるので空きコマはギリギリまで練習することができて便利です!時間割はすこしスカスカかもしれませんが、ワセオケを生活の中心とすることで充実感を得ることができます。

基幹理工学部 (鹿田 玄輝 / ヴァイオリン 2年)

理工と聞くと他学部に比べて課題や授業などが忙しいイメージがあるかもしれませんが全く空きコマが無いわけでもないので、時間を有効活用すれば課題や自主練をこなしたり、友達と遊んだりもできます。さらに基幹理工学部は2年生から所属学科が決まる進振り制度があるのですが、ワセオケには基幹理工の様々な学科の先輩がいて自分の興味のある学科について相談でき、音楽的な事だけでなく進路選択についても色々教えて貰えるところも魅力です!

先進理工学部 (吉開 未菜実 / ヴィオラ 2年)

理工は忙しいというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?私は入団する時に、理工とワセオケの両立ができるのか不安でした。確かに必修の授業は多いですが、時間を効率よく使うことでワセオケとの両立は可能です!ワセオケにも理工の先輩が多くいるので、両立が不安でも相談できる先輩がたくさんいます。私は空きコマなどを利用して学生会館に行き、自主練の時間を確保していました。また、空き時間を上手く使うことでバイトをしたり友達と遊んだりすることもできます。ワセオケに入ったことで素敵な音楽と出会えて、充実した日々を送ることができています!

創造理工学部 (的場 未来 / ヴァイオリン 2年)

私は建築学科に所属していて、入学時は比較的忙しいと噂のワセオケとの両立は難しいのではないかと心配していました。しかし、バイトを入れず、土日を製図課題に、平日の空いた時間は他の授業の課題に当てることで、無理なく両立することが出来ました。授業が5限まであり、リハ会場に遅れて入る場合も、先輩に連絡すれば対応してもらえるので、心配無用です。後期には慣れてきて、時々空きコマや放課後に遊びに行く余裕もできました!

人間科学部 (柴崎 里奈 / 打楽器 2年)

人間科学部は必修科目が多くはありませんが、基礎ゼミ・データリテラシーという科目が遅い時間帯に入ってきます。どれかの曜日だけはとても忙しい日になりますが、それを乗り越えればこっちのもの。私の場合、火曜日以外は割と楽な時間割でした。全休又は授業が少ない日の昼帯は学生会館で個人練や友達と遊んだりして、夜帯は塾講師のバイト、稀に単発バイトを入れています。所沢キャンパスだと移動時間もなかなかあるので、本を読んだり譜読みをしたりして、時間を有意義に使っています!

スポーツ科学部 (阿部 美月 / コントラバス 2年)

スポーツ科学部は必修科目が少なく時間割を自由に組みやすいため、ワセオケを含め他のこととも両立しやすいです。私は他学部オープンをとってみたり、中国語の塾に行ったりと自分がやりたいこととワセオケを両立させ、大学生活を充実させています。水曜5限に所沢で授業があり遅刻してワセオケに行っていましたが、先輩も理解を示してくれます。また、所沢キャンパスにも部室があるので、空きコマに練習することができます。部室で会う所沢キャンパスの人とも仲良くなることができます!